Webコンテンツの表示

Webコンテンツの表示

私は新卒でA.T. カーニーに入社して10年がたちますが、今振り返ってみると入社の動機は直感に近いものでした。学生時代に起業経験等はなかったので、社会やビジネスといったものに対してほぼイメージがないまま就職活動をはじめました。当然、経営コンサルという職業も知らなかったわけですが、セミナーなどを通じ人生で初めて聞いた「マネジメント」「グローバル」「プロフェッショナル」といった単語に不思議な魅力を感じたのを覚えています。そして、面接を通じて接したコンサルタントの方たちの何ともいえない切れ味に、経営コンサルって一体どんな世界なのだろう、自分もその景色を見てみたいなと思うようになり、それがA.T. カーニー入社のきっかけになりました。

入社してから最初の5年間は一言で言えば成長の時代でした。入社以来ハイテク、通信、自動車、アパレル、メディア、消費財など様々な業界でプロジェクトを経験しましたが、すべての経験が自分の成長につながり、自分の仕事の範囲が広がり、会社が変わることで、クライアントの方々からの感謝に繋がっていきました。そのループにとにかくやりがいを感じ、真に無我夢中になって駆け抜けた日々だったと思います。その後の5年間は一言で言えば変革の時代でした。自分が成長した結果として見えてきた新しい挑戦や可能性に対して、改めて自分の心と向き合い、色々なことを見つめなおしました。日々プロジェクトやクライアントワークで忙しい中でしたが、自分がこの業界に入った原点や思いを自問自答した結果として、自分のスタイルというものを作り、新しいステージに移っていった日々だと思います。

ところで、最近なぜ10年もコンサル業界にいるのかと聞かれることが多いのですが、結果論なので理由は一つではありません。未来を創る仕事がしたい。大好きなテクノロジーで社会を変えたい。グローバルに戦いたい。自分の子供やその友達が大人になったときに今より可能性ある社会にしたい。そういった自分のやりたいことを一つ一つやってきて、その結果が今に至っているので、振り返れば10年というのが正直な気持ちです。

また、この仕事を通して1年に1人くらい、共に共闘したクライアントの方々の中で、年齢や立場を超えて一生の関係になる方に出会います。先日も数年前に2年間共闘したR&Dプロジェクトが、ついにマーケットインをすることになり、当時のメンバー全員でお祝いをする機会がありました。こうした共闘した仲間というのはクライアント/コンサルという立場を超えて一生の財産ではないかと思います。また、自分の結婚式に来てくださったクライアントの方もいました。そうしたクライアントの方々との共闘の日々や出会いが、今も昔もこの仕事を続ける大きな理由の一つになっています。

Webコンテンツの表示