Webコンテンツの表示

Webコンテンツの表示

就職を意識し始めた大学院1年生の夏、私には特に就きたい業界/職種といったものがなく、ただ漠然と、日本市場における外資企業の台頭が目立つ中、日本企業にも更に活躍してほしいという思いしかありませんでした。このような曖昧な思いのまま始まった就職活動ですが、とある合同会社説明会にて、「多くの日本企業を強くしたい」と謳っている戦略コンサルティングファームの存在を知ります。それがA.T. カーニーと初めて触れた瞬間でした。

コンサルタントの説明を聞いている間に、数多くの業界/職種のクライアントとともに変革を実行し、「目に見える成果」を提供していることに魅力を感じていきました。また、自分自身としても、多くの業界/職種の顧客を支援する間に、生涯を賭してサポートしようと思える専門領域を見つけたいと思うようになりました。それがコンサルティングファームを志望した理由です。

数ある戦略コンサルティングファームの中で、A.T. カーニーを選ぶ決め手となったのは、コンサルタントの人間的魅力です。当然ながら人間的魅力には様々な構成要素があり、人によってどの要素を魅力的と感じるかは異なります。入社前に接した社員数はそれほど多くはありませんが、数多くの人が共通して高いレベルでもっていた要素に、”真摯さ”と””頭のキレ”がありました。これら2要素を強く持つ人だからこそ、各業界を牽引するポジションのクライアントの更なる飛躍を支援できると感じ、入社を決意しました。

入社後、数多くの業界のクライアントに対して様々なテーマで支援させていただきましたが、その中で感じられた喜びとしては、社会に対する視野が広がっていくこと、クライアントに感謝されること、支援内容に関するクライアントの変革を新聞・記事で目にすること、などがあります。もちろん、各業界トップクラスの企業の経営陣が抱える悩み・課題は一筋縄では解けません。顧客先に常駐して、ともに悩み、議論し、頭に汗をかきながらチャレンジングな課題を解決していくからこそ、上記のような喜びを強く感じられるのだと思います。

当社に興味をもっていただいている皆さん、バックグラウンドは関係ありません。クライアント企業の更なる飛躍を目指し、一緒に考え抜ける皆さんと働ける日がくることを楽しみにしています。

Webコンテンツの表示