Webコンテンツの表示

Webコンテンツの表示

大学受験の際、既に在学中に起業していた兄が、日々葛藤しながらも楽しそうに働いている姿を見て、漠然と「経営」に興味を持ちました。その後、大学で戦略、組織論、マーケティング等を幅広く学ぶ中、日本企業の衰退を目にする機会が多く、次第に、日本企業が今後躍進するための支援に携わりたいという思いが強くなっていきました。

就職活動では、ケース面接を通じてコンサルタントと議論する中で、クライアント企業の課題、論点を整理し、打ち手の仮説を立てるというプロセスを疑似体験し、コンサルタントという職業へのイメージがより鮮明になりました。

最終的にA.T. カーニーを選んだ理由は、若いうちから裁量を持って仕事し、成長できると感じたからです。事実、入社後、最初の研修を終えた後は、実際に日本や世界を代表するクライアント企業に出向き、想像以上の責任・裁量を任され、問題解決に取り組んできました。この問いは本質的なのか? 解が出せるのか? どうすれば前に進められるのか?と不安になることも多々ありますが、こういった悩みも、コンサルティングという仕事の面白さなのではないかと思います。

我々の提案は、時にクライアントにとって刺激的なものと映り、反発を受けることもあります。ある新規事業立案のプロジェクトでは、提案した戦略が既存の事業、ケイパビリティから乖離しているように受け取られ、反発を受けました。しかし、その後、業界における立ち位置、クライアント企業の課題等を提示しながら、研究所・マーケティング等の関連部署も巻き込み、事業の必要性・実現性を粘り強く議論し、実現に向けた具体的なステップを提示していきました。すると、徐々にクライアントの中でも、現実的な案へと昇華していき、社内での検討が加速しました。このように、戦略がクライアントの中で納得感を得ながら、実際に行動に移されていく過程を体感できるのも、この仕事の醍醐味です。

一緒に働くコンサルタントがバラエティに富んでいることも魅力です。学生時代の専攻、前職、はたまた個人としての想いなど、多様なバックグラウンドを持つコンサルタントがチームを組成し、互いに知恵を出し合いながら、問題解決に取り組んでいます。また、チームに限らず、社内のコンサルタントとフラットに議論する中で、有益なアイディアや示唆を得ることもよくあります。

多種多様なメンバーとともに、クライアント企業の変革に向けて、切磋琢磨しつつ成長していきたい。そんな方々とご一緒に働けることを楽しみにしております。