コンサルタント紹介

A.T. カーニーは各業界リーディング企業へのコンサルティングにこだわり続けています。

なぜならば、リーディング企業が変革すればフォロワーに変革の連鎖が起こり、業界全体、日本全体が大きく変わりうると信じているからです。つまり我々は日本で最も厳しい顧客企業をターゲットにし、最も先端的かつ難易度の高い課題、誰も過去に取り組んだことのないような課題に相当の頻度で向き合っています。厳しい要求水準に応え、目に見える成果を出し続けてきたという実績、高評価や信頼が、昨今の経済環境下においても、チャレンジングなテーマに挑むリーディング企業からのプロジェクト依頼の継続を支えています。

目に見える成果へのこだわりの表れが、顧客企業の現場に常駐する「現場主義」の徹底です。現場で起こっていることをじかに体験し、さまざまな経験を積むことで、経営視点・実行力を更に磨き、顧客企業を成功に導けると信じています。

A.T. カーニーは入社時トレーニング、シニアコンサルタントによる各種スキル研修、海外オフィスとの合同研修など、現場で活かせる研修内容やプログラムを多数用意しているほか、メンター制度によってコンサルタントの育成に力を入れています。しかしながらトレーニングだけで人が目覚しく成長するわけではありません。むしろ「志を実現していく場の提供」に最も注力しています。「志を実現できる、よりチャレンジングなテーマを年何回経験できているか」をプロフェッショナルファームとして、最も大切にしています。

プロジェクト配属にあたっては公募制を実践しています。具体的には、新しいプロジェクトチームの組成時にアソシエイト以下の各コンサルタントが希望のプロジェクトを選択でき、実際にコンサルタントの希望が考慮されます。

コンサルタントは自らのキャリアと向き合いながら、最もモチベートされ、専門性を磨けるプロジェクトは?今の自分に必要な経験を積めるプロジェクトは?といった視点で、進むべき道を考えながら行動に移すことができます。

最後に、A.T. カーニーにはこの業界の通例ともいえる「UP or OUT」という考えが存在しません。コンサルタントによって成長カーブが立ち上がるタイミングは様々であり、各自の成長ペースを尊重し、自身のキャリア、経験のために「挑みたい」プロジェクトを任せるカルチャーが根付いています。

以下、高い志を持って活躍中の同僚コンサルタント紹介です。

東京以外のA.T. カーニーオフィスに勤務ご希望の方はこちら(英語) 東京以外のA.T. カーニーオフィスに勤務ご希望の方はこちら(英語)